フィギュアの処分方法徹底まとめ!ゴミとして捨てるのは大丈夫?

引っ越しやお部屋の模様替えなどでフィギュアを処分することはよくあることです。

ここで一度は疑問に思うのが「フィギュアって処分するときにどうするんだろう?」という問題です。普通のゴミだったらゴミ箱に入れてお仕舞いですが、ィギュアはサイズが大きく特殊な形状をしていることが多いので、ゴミとして捨てられるかよく分からないのではないでしょうか。

そこで本記事では、フィギュアの処分方法を徹底的にまとめています。フィギュアの処分に困っている方の参考になりましたら幸いです。

フィギュアは燃えるゴミとして捨てられる?

結論としてはフィギュアは家庭から出る一般ゴミとして出して処理することが可能です。

フィギュアはPVC(ポリ塩化ビニール)やABS樹脂などのプラスチックが主な素材として作られています。なので基本的にフィギュアを捨てる場合は、「プラスチックゴミ」として出すようにしましょう。

家庭で出すゴミでは、燃やすことのできる可燃ゴミと燃やすことのできない不燃ゴミがありますが、プラスチックゴミであるフィギュアをどちらに出すかは、あなたがお住まいの自治体によって異なってきます。

ご存知の方も多いかと思いますが、プラスチックは燃やしてしまうとダイオキシンという有害物質が発生すると言われてきました。しかしそれは中途半端な温度で焼却してしまうからダイオキシンが発生してしまうのであって、超高温で焼却することができればダイオキシンはほとんど発生しないのです。

近年では焼却炉の性能が上がり、プラスチックを焼却しても問題ないようになってきました。

なので、高性能の焼却炉を所有している自治体では今まで不燃ゴミとして扱われていたプラスチックゴミも、可燃ゴミとして取り扱うようになってきています。可燃ゴミとして出すことができれば、他のゴミと一緒にゴミ袋に入れてゴミ出しすればいいのでとても楽ちんです。

プラスチックゴミは可燃・不燃どちらに該当するか必ずチェック

フィギュアを捨てる時は自分の住んでいる自治体がプラスチックゴミを可燃ゴミとしているか不燃ゴミとしているかを調べてからゴミに出すようにしてください。

一般的な大きさである10cmから20cm程度のフィギュアであれば普通にゴミとして処分することができますが、30cm以上の大型のものや、それこそ等身大フィギュアともなれば粗大ゴミとして処分する必要性も出てきます。

こちらも自治体によって大きさによる区別や処分方法が変わってきますので、分別方法を調べてフィギュアを処分しましょう。

フィギュアのを家庭ごみとして捨てる時の注意点

ここからは、フィギュアをゴミとして出す場合に特に気を付けて欲しいことをご紹介していきます。

ゴミ回収業者さんの負担を減らしたり、近所付き合いのことも考えてフィギュアをゴミとして出す場合に注意することもあるので、必ずチェックしてください。

フィギュアは見えないようにして捨てよう

ゴミを捨てる際には自治体の指定のゴミ袋を使用すると思いますが、ほとんどのゴミ袋は中身が見えてしまう透明な袋となっています。ただの紙やお菓子の空箱ぐらいならゴミ袋から透けて見えても何とも思わないですが、フィギュアが見えていたら少しギョッとしてしまいませんか?

フィギュアを捨てることが他の人に知られてしまうことを気にしない方もいるとは思いますが、あまり一般的なゴミではないので極力見えないようにしておいた方が良いでしょう。

また、中にはフィギュアがゴミとして出していることを知ると、転売する為にそのゴミを勝手に持ち帰ってしまう人がいます。ゴミの持ち去り事件というのは実はよくあるトラブルで、近年増加してきている事案です。

個人のプライベートな情報が入っているゴミが他人に漁られるのも気持ち悪いですし、無用なトラブルに巻き込まれないようするためにも、フィギュアを捨てていると外から見ただけでは分からないようにしましょう。

フィギュアをゴミとして捨てる時はゴミ袋を二重にしたり、別の袋に入れたり新聞紙に包んでからゴミ袋に入れると外側からはフィギュアだと分かりにくくなるのでおすすめです

ゴミ袋が破れないようにして捨てよう

フィギュアはものによっては尖った部分や鋭利なパーツがありますよね。その部分を剥き出しにしたままゴミ袋に入れてしまうとゴミ袋を突き破ってゴミが散乱してしまう可能性があります。

ゴミ袋が破れてしまわないように、尖った部分や鋭利なパーツは捨てる前にハサミやカッターナイフなどで細かく切り取ったり折ってしまいましょう。

しかし、フィギュアを切ったりするのは意外と力が必要で大変なものです。

そんな時は緩衝剤や新聞紙などでフィギュアを包んで、突起部分が直接ゴミ袋に当たらないようにするといいですよ。新聞紙などで包めば、フィギュアを捨てることが外から分かりにくくなるので一石二鳥でおすすめです

外箱やブリスターも一緒に小さくして捨てよう

フィギュア本体についてくるのが外箱やブリスターと呼ばれる中箱です。

箱はそのまま捨ててしまうとどうしてもかさ張ってしまうので、潰したりハサミでカットしたりして小さくしてから捨てるようにしてください。プラスチックゴミを可燃ゴミとして捨てるところであれば、外箱とフィギュアを一緒にゴミ袋に詰めて捨てることが可能なので、分別する必要が無く非常に簡単です。

フィギュアをゴミとして捨てる以外の処分方法

フィギュアをゴミとして捨てる以外にも処分方法はあります。

ただゴミとして捨ててしまうよりも有意義な処分の仕方も存在するので、参考にしてみてください。

不用品回収業者の利用も視野に入れる

大型のフィギュアだと捨てることができなかったり、あまりにも処分するフィギュアが多いとゴミに出すのにも一苦労です。また、フィギュアをゴミ袋に入れて人目のある場所に捨てたくないという場合もあると思います。

そんな時は、お住まいの地域にある不用品回収業者に処分の依頼をするのも一つの手です

不用品回収業者ではゴミ出しとは違い分別をする必要がありません。どれだけフィギュアの数が多くても業者の人が回収作業を行ってくれるので、フィギュア処分に時間を割かなくて済み、自分の手を掛けることはほとんど無いでしょう。

しかし、その分回収して貰う費用は掛かってしまうので注意してください。フィギュアを処分する時間や手間をお金で補いたいという方におすすめです。

寄付をするという選択肢

見知らぬ誰かの助けになりたいという考えがある場合は、フィギュアを寄付するという方法もあります。

保育園や児童館、病院などではいらないフィギュアなどのおもちゃの寄付を受け付けているところがあるので、近くにそういった施設があるなら寄付できるかどうか調べてみてもいいかもしれません。特に児童に人気が高い仮面ライダーやウルトラマン、プリキュアなどのフィギュアやグッズは喜ばれますよ。

また、近場に寄付を受け付けている施設が無くても、全国的にそういった活動を行っている慈善団体があります。

国外では発展途上国におもちゃを寄付する団体もあるので、気になる方は一度探してみてください。注意点として基本的にフィギュアを送るための送料は自己負担となることです。社会貢献をしながらフィギュアの処分ができますが、お金がかかる可能性が高いことも念頭に置いておきましょう。

売れそうなフィギュアは買取へ

フィギュアはゴミとして捨てることが可能だとお伝えしてきましたが、基本的にフィギュアは買取に出すようにして、ゴミとして処分するのは最終手段にしてください。

中古品として売ることができそうな状態の良いフィギュアは、買取に出してお金に換えることをおすすめします

お金を払ったり0円で処分するよりも、例え安い買取金額となってもお金になる方が嬉しいですよね。フィギュアの買取方法にも店頭買取やフリーマーケットへの出品などいくつか方法がありますが、ネットから申し込みをして家からフィギュアを梱包して送るだけの宅配買取が特におすすめです。

【TIPS】フィギュアショーケース等の処分はどうする?

大切なフィギュアを綺麗に飾り、汚れやホコリから守ってくれるショーケース。

フィギュアを処分すると同時に、その入れ物であるショーケースも不要になってしまいますよね。フィギュアはサイズが小さいのでゴミとしても捨てられますが、ショーケースはどのように処分すれば悩んでいる方も少なくありません。

ここでは、よくある処分方法をまとめたので、あなたのケースに合った処分方法を検討してみてください。

不燃ゴミ・粗大ゴミとして処分する

不燃ゴミとなるか粗大ゴミとなるかはショーケースのサイズや素材がガラス製かアクリル製かでお住まいの各自治体によって変わってきます。ショーケースをゴミとして出す場合は必ず事前に調べたり、自治体に問い合わせたりして確認しておきましょう。

小さなサイズのショーケースであればそのまま回収してもらえることが多いですが、大きいサイズとなると自分でフレームを分解したりガラスを砕いたりする必要が出てきます。分解をする場合は細心の注意を払って気を付けて作業をするようにしてください。

粗大ゴミとして回収してもらう場合は各自治体によって異なりますが、申し込みをして粗大ゴミ処理専用のシールなどを購入する必要があります。シールの値段も各自治体によって違い、大きいもので1,000円ほどの金額がかかります。

粗大ゴミとしての出し方も地域によって特色があるので、お住まいの自治体の粗大ゴミの出し方に従うようにしてください。

不用品回収業者を利用する

不用品回収を行っている業者に引き取りを依頼するのも一つの手です。

お金がかかってしまいますが、運び出しから回収作業まで全て業者が行ってくれるので非常に楽をすることができます。フィギュアも併せて引き取ってくれる業者もあるので、処分が面倒な場合はフィギュアもショーケースも一緒に回収してもらうと良いでしょう。

リサイクルショップに買取してもらう

大きなリサイクルショップであれば、ほとんどのお店でショーケースの買取を行っています。

一度お店に電話をして、ショーケースの買取をしてくれるか確認してみましょう。基本的にショーケースなどの大型のものであれば、出張買取で引き取りに来てくれることが多いです。

処分品を手軽にお金に換えることが出来るおすすめの方法です。

フリーマーケットやオークションサイトで売る

リサイクルショップで売るよりも高額で売りたい!とお考えの場合は「ジモティー」や「ヤフオク」などに出品してみてはいかがでしょうか。

自分で値段設定をしたり出品作業をしなければいけないなど手間がかかり送料や手数料もかかってしまいますが、思いもよらない高額で売れる可能性に期待できますよ。

ショーケースの販売店に回収してもらう

ショーケースを売っているお店によっては自社製品の回収サービスを行っていることがあります。

回収サービスにはお金がかかることが多いですが、状態が綺麗でリサイクルが出来るものであれば無料で引き取ってもらえたりすることもありますよ。

まとめ

ここまで、フィギュアの処分方法を徹底的にまとめてきました。今回紹介したフィギュアの処分方法は次の4つです。

  1. 家庭ゴミとして捨てる
  2. 不用品回収業者に依頼する
  3. 寄付をする
  4. 買取をしてもらう

ゴミとして処分するのも悪くありませんが、一番得をするのは間違いなく「買取」となります。その中でも特におすすめなのが、「ネット宅配買取」です。ネット宅配買取は店頭より人件費や固定費を削除できるぶん、査定額が高くなる傾向にあります。

フィギュアを買取に出す際に高く売るためのコツをまとめた記事もありますので、よければ参考にしてみてください。

関連記事

フィギュアは売るタイミングで買取値が大きく変わることはご存知でしょうか。例えば、とあるフィギュアを販売1ヶ月後に売るのと、1年後に売るのでは大きく値段が変わってきます。そこで本記事では、フィギュアをなるべく高く買取してもらうコツをご[…]