フィギュア買取査定で減額されてしまう5つのパターン

大切にしてきたフィギュアを売る時は、どうせなら高い金額で買い取って欲しいはず。しかし実際にフィギュアの買取を行ったことが無いと、フィギュアがどのように査定されて買取をされているのか分からず、どうすれば高く買い取ってもらうことができるのかも分からないことがあります。

そこで本記事では、フィギュアの買取査定額はどのようにして減額されてしまうのかを徹底紹介。少しでも査定額をアップさせるコツも合わせて紹介しています。

フィギュア買取の査定は減額方式が主流

ひな
フィギュアの買取査定の方式というのは、基本的に完品状態から何か問題点があればその分を値引いていく減額方式が主流となっています。

なので、フィギュアの買取表で提示されている価格が最大の価格で、傷などがあればそこから値引きされていくことになります。

「買取価格表で記載されている価格どおりに買い取ってもらえなかった!」というケースをよく聞きますが、その場合は査定を依頼したフィギュアに何か問題があったということなのです。

この減額方式は、フィギュアという商品自体が非常にコレクション性の高い品物であるため、美品なのが当たり前であるという点に基づいています。そのため、例えフィギュアが未開封である場合でもそれはプラス査定にはなりません。

むしろ現在では、多くの店舗で開封済みフィギュアを積極的に買取を行っています。

ひな
一昔前までは未開封品のみしか買い取ってくれないというお店が非常に多かったんですよ。

ですので、フィギュアを売る時は買取表に載っている価格が最大価格で、完品であることが当たり前だと言う認識を持って買取に臨んでください。売ったフィギュアが全て新品未開封品だったのに通常価格でしか買い取られなかった…、とショックを受けないようにしましょう。

フィギュアの査定で減額されてしまう5つのパターン

では実際に、フィギュアの買取査定ではどんな要因で減額査定となってしまうのでしょうか。よくある減額査定のパターンは次の5つです。

  1. フィギュア本体に傷や汚れが目がつ
  2. 外箱や中箱が欠品・破損
  3. 付属品が欠品
  4. 臭いが染み付いている
  5. 開封済み

フィギュア本体に傷みや汚れがある

引用:Pinterest

最も多い減額パターンが、フィギュア本体に汚れや傷がついているケースです。

フィギュア本体に傷みや汚れがある場合、その分がきっちりとマイナスされてしまいます。減額率はその傷み具合とお店の査定基準によって大きく異なり、うっすらと確認できる程度の傷ぐらいであれば500円ぐらいの値引きで済む場合もあります。

また、傷みや汚れがある箇所によっても減額率が変わることがあり、フィギュアの命とも言えるキャラクターの顔や、パッと見て分かりやすい前面部分に傷みがある場合は大きく減額されやすいです。

特に顔に傷みがあると、かなり大きな減額率となりやすいので気を付けてください。逆にあまり見ることのない背面部分や装飾の裏地、足の裏などの底面部分の傷みは多少であれば見逃してくれることがあります。

あまりにも大きく傷んでいたり、フィギュアそのものが破損している場合は買取不可となる可能性があるので注意しましょう。中には壊れたフィギュアも買い取ってくれるお店がありますが、ほとんどのお店ではあまりに酷い状態のフィギュアは買取を断られます。

フィギュアを傷つけない為にも、日頃のメンテナンスや飾る環境の整備にも気を配ると良いですよ。

みなみ
フィギュアの手入れに関しての記事もありますので、そちらも是非ご一読ください。
関連記事

フィギュアを買取に出す時は、状態をキレイにしておかないと減額査定の対象になってしまいます。売るときになっていきなりフィギュアを手入れしたとしても、それまでについた汚れが落ちないこともあるため、日々の手入れを定期的に行うことをおすすめします。[…]

外箱や中箱が無い・破損している

フィギュアの世界では、本体と並んで重要視されるのがフィギュアを入れておく外箱と、ブリスターと呼ばれる中箱の存在です。あまりフィギュアを知らない方には意外に思われるかもしれませんが、フィギュアの箱というものはフィギュアの価値を決める大きな要因なのです。

フィギュアの箱が無いとかなり大きな減額となり、査定を行うお店にもよりますが一般的には完品の半額から3割ほどの価格での買取となってしまいます。

ひな
「箱が無いだけでそんなにも減額されるの!?」と思うかもしれませんが、それぐらいフィギュアの箱というものは大切なんですよ。

例え箱がきちんとあっても、その状態が悪ければ減額されてしまいます。フィギュア本体の傷みほど減額率は高くないですが、破損個所が多いとどんどん買取価格が安くなってしまいます。フィギュアを購入した際は、フィギュア本体と併せてフィギュアが入っていた箱も丁寧に保管しましょう。

外箱が重要視されている理由

何故こんなにもフィギュアの箱が重要視されているかと言うと、フィギュアの保管の仕方とコレクション性が関わってきます。

フィギュアというものは、外に出して飾っている状態であればそのままでいいですが、仕舞ったり輸送する場合は、繊細な造形を壊さないように収納できる入れ物が必要になってきます。

フィギュアの外箱と中箱は、そのフィギュアに最適の形状をしているので無理なく収納することができ、傷みや汚れる可能性が格段に抑えられます。箱がないときちんと仕舞うことができず、傷みや汚れに繋がってしまうのでフィギュアの箱は必須という訳です。

もう一つの理由として、フィギュアの箱自体にコレクション性があることが挙げられます。

例えば、初音ミクのフィギュアだったら初音ミクをイメージしたデザインが施されるなど、外箱にもそのフィギュアのテーマ性が与えられます。箱にもフィギュアとの統一感があり、それ自体に価値があるのでフィギュアの箱は大切に扱われているのです。

付属品が無い

フィギュアを自立させるスタンドや付け替えられる各種パーツ、箱に一緒に入っている説明書などの付属品もフィギュアの査定に大きく響いてきます。

もしカッコいい剣士キャラのフィギュアで剣がついていなかったら、とても残念ですよね。あるべきものが全てある状態がフィギュアの当たり前なので、買取の際は忘れないようにしましょう。

保証書やシールなどであればあまり大きな減額とはなりにくいですが、そのフィギュアを象徴するようなパーツだとかなりの大幅な減額となります。

しかし、各種パーツなどの細かい物はうっかり無くしてしまう場合もあります。そんなことが無いように、使わないパーツは封が出来るジップロックなどに入れて、フィギュアの箱に入れて一緒に保管してきましょう。

嫌な臭いが付いている

傷みや汚れのようにパッと気づくことは出来ないので、査定で減額されて初めて気づくのがフィギュアに染みついた臭いです。

フィギュアを飾ったり保管していた環境によって、嫌な臭いが付いてしまうことは珍しくありません。特に煙草の臭いは非喫煙者の人には強烈で、中々落ちにくいので減額率が大きくなってしまいます。

ひな
臭いだけならまだいいですが変色してしまうこともあるので、喫煙者の方は特に注意するようにしましょう。

また、先述したとおりフィギュアだけでなく箱も査定の大きな基準となるポイントです。外箱にも嫌な臭いが付いてしまわないように気を付けてください。

開封済みである

最近ではあまり言われなくなってきましたが、フィギュアを開封してしまうとそれだけで減額査定となってしまうことがあります。

近頃は開封済みでも美品であれば、未開封と同じ値段で買い取ってくれるお店もありますが、開封済みフィギュアは減額、そもそも買い取り不可というお店も少なくありません。飾る気が無い場合は、箱から出さずにそっと保管しておきましょう。

フィギュアは汚れや傷みの無い新品状態が当然という商品で、未開封であれば傷みや汚れは無いものであるとされます。ですので、間違っても未開封のものを買取に出す前に、傷が無いか確認のために開けてしまう…、なんてことがないようにしてください。

しかし例え未開封でも中で傷ついている場合はしっかり減額されてしまうので、保管状態には気を配りましょう。

査定額をアップするには店舗選びも重要

フィギュアの買取は基本的に減額方式であるとお伝えしましたが、やりようによっては買取金額をアップさせることが可能です。それはズバリ、買取キャンペーンを行っている店舗で買取依頼を行うこと。

「もえたく!」の買取点数が多くなれば多くなるほど査定金額にボーナスがつくキャンペーンや、「フィギュア買取ネット」買取5点ごとに500円ボーナスしてくれるキャンペーンなど、まとめ売りボーナスを実施しているお店でフィギュアをたくさん売って高価買取を目指してみましょう!

特定ジャンルのフィギュアの強化買取を行っていたり、安いフィギュアでも価格保証をするなど、お店ごとに多彩なキャンペーンが開催されているので、気になる店舗を比較して自分の売りたいフィギュアの査定額がアップするか調べてみてください。

また、単純にフィギュアをしっかりと高値で買い取ってくれるお店を選ぶと言うのも重要なポイントです。リサイクルショップなどでは価値が詳しく分からずに安い値段で買い取られてしまうことがあるため、しっかりとフィギュアと向き合ってくれるフィギュア専門店で売るのがいいでしょう。

売りたいフィギュアの状態に自信が無い場合は、買取の査定基準が緩めのお店を探してみてください。

ひな
査定基準が厳しいと評判のお店に依頼すると大きく減額されてしまう可能性が高いですが、査定が甘めのお店ならば運が良ければ美品で買い取ってもらえることがあるかもしれませんよ!